ツライ頭痛は薬で改善しよう~正しい処方への道標~

女性

頭が痛い時の対処法

薬

治療はしっかり受ける

頭痛には様々な要因が絡んでいることが多いのですが、遺伝だったり体質だったり食べ物によるものだったりただ単にお酒の飲み過ぎや、長時間の睡眠によるもの、病気の前兆や目の疲れからくるものなど様々あります。あまりにも考えられる原因が多いので、これといった解決法がなく薬を飲み続けている人も居るようです。頭痛があれば病院に行って薬を飲んで治療することがまず一番ですが、決められた期間の薬をしっかり処方通りに飲むことは重要なことです。症状が完全になくなっても飲み続ける必要はないのですが、少し症状が軽くなったからと言ってすぐ薬を飲むことをやめてしまったり、和らいだ症状がまた出てきたからと決められた日にちを過ぎてもまた薬を飲み始めたり続けて飲んでいても一向によくならなかったりします。頭痛は一時的なものならそこまで心配はいりませんが、慢性的に続くものであれば何かしら特定できる原因があることが多いです。どんな時に頭痛が出るのか、例えば何か特定の食べ物を食べた時だったり特定の行動をした後だったり気温や気候の変化など頭痛が起きるその時の状況を細かくチェックすることでなぜ頭痛が起きるのかというメカニズムがわかる時があります。もし何かしらある特定の原因によって頭痛が起きているのであれば、それを取り除くことで薬を服用しなくても頭痛が解消されることがあります。なので、病院での適切な治療を受けながら、自分でもどんな時にどんな状況で頭痛があるのかを日記などにつけてみることも解決につながります。

医者を変えることも大事

普通は、頭痛があればまず近くの内科や脳神経外科などに行って詳しく検査してもらってそれで何も異常が見られなければただの片頭痛と診断されることが多いです。そして頭痛が起きた時に飲む薬を処方されて終わりで、これといった解決にならないこともあります。それはそれだけ色々な要因があるということなのですが、痛みはどこにあっても苦痛になりますし無ければ無い方が良いはずです。病院に通っても症状が改善される感じがしないのであれば、病院を変えてみるのも一つの方法です。通い続けることも大切なのですが、それで症状が解消されなかったりいつまでたっても治らないのであれば違う病院でまた診断してもらってセカンドオピニオンを得ることも大事なことです。病院も人間関係同様にそれぞれ自分に合う合わないがありますし、説明の仕方から治療の方法まで同じ分野の医者だとしてもまるっきり違っていたりします。いつも行く病院とは別の病院に通ってみることで、何か気づくことがあるかもしれないですし症状改善に役立つ何かがあるかもしれないですし、収穫となることは何かしらあるはずなんです。新しい病院に行ってみても何も以前と変わらないと言うこともあるかもしれません。その時はまた別の病院に行っても良いので、何か行動に移してみることで辛い症状を変えるきっかけになるはずです。頭痛で悩んでいる人はすごく多いのですが、医療もどんどん発達しているので探せばきっと自分に合う病院や治療法を見つけることが出来るはずです。