ツライ頭痛は薬で改善しよう~正しい処方への道標~

女性

頭が痛い時には

頭を押さえる女性

これからの傾向

頭痛を治そうとした時に、市販されている薬を飲んでも効果が感じられない場合は、病院で診察してもらいましょう。原因が違う場合がある事も理由ですが、頭痛には種類があるので違う種類の薬を飲んでいる可能性もあります。一般的に多い頭痛は血行を良くしたら楽になるような場合と、横になって安静にしていると痛く無くなる場合があります。また、筋肉疲労や筋肉収縮なども原因になりますが、それぞれの対処方法は違います。病院に行く前にはどんな状態の時に痛くなったかなどの記録を持参するようにすると良いです。頭痛が慢性的だと病院へ行く人は多くありませんが、一回診察してもらうようにしましょう。痛くなる事が増えたり、痛みが日増しに強くなるなどは他にも病気がある可能性があります。また、市販の薬で効果が感じられなくなったら病院で診察して処方された薬を飲むようにします。最近では頭痛外来がある病院も増えていますので、ただの頭痛だからと放置しないようにしましょう。頭痛自体が心配で生活に支障が出るなどはケアする事も必要です。専門の病院が近くに無ければかかりつけの医師でも良いので相談してみてください。薬の使用過多による頭痛も注目されています。現在飲んでいる薬を飲まないようにするのが良いのですが、頭が痛くなった時の際に飲む為の治療薬が必要です。常備薬を中止した後は反動がある事が多いので、専門的な治療を受けるようにしましょう。予防薬投与で対応している病院もありますから、事前に診察の時に相談をしてください。

特徴の紹介

頭痛薬は発作時に飲むタイプのものと、発作しないようにする予防タイプのものです。予防タイプは病院で処方される急性期治療薬の他に、市販されている鎮痛薬があります。頭痛の程度に合わせた強さを飲むのが良いですが、吐き気があるなら制吐剤を併用するようにしましょう。日頃から飲み過ぎると使用過多による頭痛になってしまう可能性があるので、飲まなくても良い時には摂取しないように気をつけましょう。病院で処方される治療薬が市販のものより効き目があるように感じるのは、作用するポイントが違う為です。炎症に対してだけでは無く、根本的な原因に働きます。広がりすぎた脳の血管を元に戻したり、刺激の脳伝達を防いだりします。市販されている種類で同じブランドで似たような名前でも、配合されている成分が違う事は多いです。解熱や鎮痛に作用するものもあれば、抗炎症と解熱作用が主な効果のものもあります。パッケージなどにちゃんと特徴が記載されているので、同じような名前だからと説明を読まないで使用しないようにしましょう。偏頭痛の痛みがある時はすぐに薬を飲まないようにする事も大切です。光や音などの外部刺激をなるべく遮断して、横になったり楽な姿勢で安静にするようにしましょう。また、冷却シートや冷たいタオルを当てて頭を冷やすと、広がった血管が収縮するので痛みが和らぐ効果があります。軽い痛みならこれだけでも楽になる場合も多いです。コーヒーや緑茶などを飲む事で頭痛が緩和する事もありますが、カフェインによるもので体質によっては癖になりやすいので気をつけましょう。